育毛で成功する人は何をしている!?成功するコツを紹介

育毛は継続しないと結果が出ない

育毛を実践しているのにまったく変化がないという人は少なくありません。育毛剤を使用して1週間経過するのに、抜け毛が減らないし髪も増えないという声がありますが、育毛は継続することに意味があります。すぐに結果が出るものではなく、少しずつ頭皮という髪の土壌を育てていく必要があるのです。結果を出すために時間がかかるのは、体質を変えていく必要があるためです。薄毛原因には先天的な要素と後天的な要素があり、遺伝体質を変えることはできませんが、後天的な要素である生活習慣に関しては変えられます。

日々の生活習慣が体質を作り上げていく現実があり、薄毛体質から脱却するためには一般的に6ヶ月以上かかります。育毛剤の取扱説明書を見てみると、6ヶ月以上の継続使用を推奨したものが多いでしょう。育毛ケアを3ヶ月続けても効果をまったく実感できないというケースは多々あります。どのような育毛方法にも共通しますが、まずは6ヶ月は続けてみる必要があるのです。その時点で抜け毛の減少・髪質の強化などの変化が見られたら、その後もケアを継続します。

生活習慣と薄毛の関係とは

生活習慣が体質に反映されるのはよく知られており、例えば栄養バランスの悪い食生活を続けているとニキビが発生したりするでしょう。遺伝要素がまったく関係していなくても、生活習慣が乱れていると髪が薄くなることがあります。乱れた食生活は頭皮の栄養不足を招き、髪質を細く短くしてしまう可能性があるのです。ストレスや寝不足なども髪の大敵であり、抜け毛を増やしたりヘアサイクルを乱れさせたりします。

生活習慣の乱れは自分自身では自覚できないことが多いですが、体調不良や肌荒れなどがある場合は注意してください。特に肌にトラブルが発生している場合は、頭皮にも問題があることが多いです。顔の皮膚と頭皮状態は一致することが多く、顔がオイリーになっていると頭皮も同じような状態にあります。頭皮がオイリーまたは乾燥した状態に傾いていると薄毛を招きやすいので、食生活やシャンプーを変えるなどの育毛が必要になります。

薄毛の原因を見つける方法

薄毛の原因が正確にわかれば育毛の方法も明確になりますが、自身で診断するのは容易ではありませんし、診断が外れることも多々あります。薄毛の原因を見つけるためには、育毛サロンや医療機関でチェックを受けるのが一番です。サロンで頭皮チェックを受ければ頭皮状態、抜け毛の状態などがわかります。医療機関の検査ならさらに詳しい原因を特定できるでしょう。的外れの育毛を続けても効果が出ないので、まずは原因を見つけるのが先決です。

評判の良い育毛剤を使用しても思うような効果が実感できないことがありますが、どうしても個人差があるので割り切りも必要です。