二重の美容整形とは?種類やメリットデメリット

メスを使わない埋没法

二重整形の手術の種類には、埋没法があります。埋没法はメスを使って肌を切ったりせず、まぶたに糸を通して二重ラインを作るやり方です。メスを使わないので手術時間も短く、5分から20分程度で終わる手術が多いです。局所麻酔をして手術をするので、負担が少ないのも特徴です。ダウンタイムも短く、個人差はありますが腫れにくい整形になります。

メリットは費用も安く、短時間で理想の二重になれることです。半永久的に二重になる手術ではないので、万が一デザインが気に食わなくてもやり直しすることが出来ます。デメリットはすぐに取れてしまうことがあること、まぶたが厚い人には不向きな方法です。

メスを使う二重の整形!切開法

埋没法の他に、メスを使って手術するやり方もあります。切開法と言ってメスでまぶたを切り、糸で理想のラインを作って二重にします。手術時間やダウンタイムは埋没法と比べて長くなることもありますが、その分しっかりとした二重に仕上がります。まぶたの状態に合わせて脂肪や皮膚を取り除いて、さらに固定しやすいように出来るのも良いところです。

切開法の大きなメリットは半永久的に二重まぶたが手に入ることです。取れてしまう心配もほぼなく、そのままの状態をキープすることも可能です。まぶたの脂肪なども同時に取れるので、まぶたに厚みがあっても二重になります。デメリットは一度デザインを決めてしまうとやり直しをするのは難しいことです。手術前には医師と何度もデザインの確認をすることも大切です。

フォトフェイシャルによって、シミやそばかすの原因となるメラニンを除去できます。除去することで肌のキメやハリを取り戻すことができます。