若い人たちだけではない!40代・50代に介護脱毛が必要な理由とは

40代・50代がVIO脱毛をする理由とは?

脱毛というと、若い女性がするものと思っていませんか。実は40代・50代で脱毛を始める人が増えているんです。その理由が「介護脱毛」です。親の介護問題を目の当たりにすることで、自分の将来のことを考えなおす人が増えているんですね。家族の介護で大変に感じることの上位には、「排せつ介助」がいつも上がってきます。この負担を少しでも軽減できるのがVIO脱毛なのです。ワキや足などの脱毛は完了していても、アンダーヘアは手つかずという女性は少なくありません。しかしアンダーヘアは排せつの介護を受けるときに、とても邪魔になると言われています。アンダーヘアがあるせいで、汚れをうまくふき取れなかったり、紙おむつが挟まってしまったりする可能性があることから、介護の際にアンダーヘアはない方がいいと言われているのです。

白髪になってからでは遅い

エステで行う光脱毛や、美容クリニックで行うレーザー脱毛は、どちらも黒い色素に反応させて毛根にダメージを与えるものです。つまり、色素が抜けてしまった白髪には効果がないのです。白髪になってからVIO脱毛に通っても、成果を上げることは出来ません。40代を過ぎると髪の毛に白いものがチラホラ目立ち始めるように、アンダーヘアにも白髪が混じってきます。白髪が多くなってしまってからではVIO脱毛が出来なくなってしまうため、遅くても40代・50代にはVIO脱毛を始める必要があるのです。子育てにひと段落し、親の介護を目の当たりにした女性が、慌ててVIO脱毛に来るというケースが増えているのですね。若い女性は少しだけヘアを残すVIO脱毛が人気なのに対し、介護脱毛に訪れる人は「ハイジニーナ」と呼ばれる無毛を希望する人が多いのも特徴ですよ。

VIOライン脱毛とはビキニラインのVラインと、陰部の両側のIライン、肛門周辺のOラインのアンダーヘアを脱毛することで、ハイジニーナ脱毛やデリケートゾーン脱毛とも呼ばれています。