豊胸手術の方法は一つだけじゃない?豊胸術の方法と特徴について

シリコンバッグを使った豊胸術

シリコンバッグを挿入する豊胸術は昔から行なわれている方法です。脇の下を切開してシリコンバッグを挿入することになりますが、時間の経過によって傷跡は目立たなくなります。

シリコンバッグを使った豊胸術はその効果がとても長く続くというのが大きな特徴であり、現在では使用されるシリコンバッグの質も高くなっているので柔らかく手触りの良い仕上がりになるようになっています。費用も使われるシリコンバッグの質によって大きな幅があるのも特徴の一つです。

ヒアルロン酸を使った豊胸術

美容成分として広く知られるようになったヒアルロン酸ですが、実は豊胸手術にも現在では使われるようになっています。比較的分子の大きなヒアルロン酸が使われるので術後2年間程度は効果が持続するようになっており、費用も30万円前後が相場となっています。

ヒアルロン酸を使った豊胸術は注射器を使って行なわれるので体への負担がとても少なく、注射針の跡しか残らないのでメスを使った手術に不安があるという人でも安心して行うことが出来ます。

自分の脂肪を使った豊胸術

豊胸術の中には自分に体にある脂肪を使った方法もあります。自分の体の中にある余分な脂肪を抽出して、それをバストに注入することで胸を大きくすることが出来るのです。

あくまでも元々自分の体の中にあった脂肪を使うということで安全性が高く、メスを使わないので傷跡も目立たないというのが大きな特徴となっています。また、脂肪を使うことで本来のバストにかなり近くなるので豊胸術の中では特に柔らかな仕上げにすることが出来ます。

豊胸手術には色々な種類のものがあります。脂肪注入やヒアルロン酸注入は外科的な手術が不要なため、傷跡が残らないというメリットがあります。